注目のMT4

ミラートレードとは?

MetaTrader 4

ミラートレードとは、Tradency MirrorTrader社が世界のFX会社へ提供している『ミーラートレーダー』というプラットフォームを利用して、投資プロフェッショナルが考案したロジックをクリック選択するだけで、ロジック通りに取引を行うことができる自動売買です。

ミラートレードのメリット

①300以上の優秀ロジックを仕様可能!

厳選なる審査を通貨した300以上のロジックが無料で利用できます。世界中よりTradency社がシステム提供を受け、その中から選りすぐりのシステムロジックのみが利用可能という仕組みのため、ロジックのクオリティが非常に高いのが魅力です。
ロジックの導入がされた後の運用成績が悪いものに関しては、Tradency社がミラートレーダーから排除を定期的に行っているため、常に高いレベルのロジックを提供可能という仕組みになっています。
Tradency社としても、僕らのようなサービスを利用する投資家が損失を出し、悪評がばら撒かれるとと利用ユーザーが激減してしまうため、良質なロジック提供を心がけているのでしょう。
投資家がしっかりと運用成績を残せるロジックを提供できて、初めて成り立つサービスなので当たり前といえば当たり前ですが(笑)。

②運用の維持が簡単です!

Tradency MirrorTrader社と提携しているFX会社が提供しているプラットフォームのため、自宅のパソコンを起動していなくても選んだロジックが売買注文を勝手にこなしてくれるため、運用が非常に楽です。

ミラートレードのデメリット

①月に資産2倍!のような激しいシステムがないこの部分に関しては、Tradency社として投資家を守っていかなければならないという意識が強いせいか、ハイリスク・ハイリターンのロジックが極力排除されているようです。逆に考えると、優良なロジックで長く本当の資産運用を行いたい投資家向けのサービスということです。

②ロジックのカスタマイズができないあくまで優秀な提供されているロジックをそのまま利用することしか出来ないため、ロジックのカスタマイズがMT4のEAと比べると圧倒的にできない仕様となっています。ただ、投資のプロフェッショナルが頭を絞って考え出したロジックならば、カスタマイズせずにそのまま利用するのが一番良いでしょう(笑)。

③通常の取引に比べスプレッドが大きいドル円で約2.5、ユーロドルで約3、ユーロ円で約4と取引スプレッドが大きいです。無料で優秀なロジックを利用できるということで納得するしかないでしょう。

ミラートレーダー、そしてMT4の利用は、それぞれメリット、デメリットが相反するため自分に合ったシステムトレードを実践していきましょう!

MT4による自動売買とは

日本では、現在5社がミラートレーダーシステムを採用していて、FX会社の口座を開くことによって無料でミラートレーダーのサービスを利用できます♪

ミラートレード提供FX業者の比較