注目のMT4

スプレッドを狭くする裏技

FXを取引するならば絶対に抑えておく必要があるのがこのスプレッドを狭くする裏技です。スプレッドとは、FX業者の提供する為替レートの売値と買値の乖離のことを指しており、ここがFX業者の収益源となっています。

買値 80.16円
売値 80.15円
(上記の場合は、スプレッドは1と表示されます。)
例えばドル/円のレートが上記であった場合、FXユーザーが取引を行うことで差額の0.01円が収益として入ることになります。最低取引通貨単位が10,000通貨の場合、1000通貨の場合により実際に業者に入る売上は、0.01円×10,000通貨 OR 0.01円×1000通貨ということになり、それぞれ100円か10円が収益となるわけです。

たった100円の収益しか発生しませんが、これの積み重ねで莫大な利益を産み出しているのがFX業者なのです。実際にどの程度の収益が発生するのかを例題を出して考えてみましょう。MT4を利用してEAを運用しているユーザーを例にしてみます。

海外の有名業者、FXDD Maltaにて業者の月の売上シュミレーションしてみましょう。

<条件>

1,MT4にて3つのEAを運用
2,ユーロ/ドルで取引するとし、買値と売値の差を0.0002とします。(スプレッドは2)
3,1つのEAにつき1日3回取引がされるとします。
4,運用の際の取引単位を50,000通貨とします。
5,月の営業日を20日として計算します。

3 (EA) × 3 (取引) × 0.0002 (売買値差) × 50,000 (通貨) × 20 (日)
=1800ドル (ユーロ/ドルの売買の為単位はドルとなります。)
=180,000円 (計算を簡単にするため1ドルを100円で計算)

1人のユーザーあたり180,000円もの売上が発生するのです。

シュミレーションしたユーザーが1000人いた場合は・・・
180,000円 × 1000人 = 18,000万円

シュミレーションしたユーザーが5000人いた場合は・・・
180,000円 × 5,000人 = 80,000万円

なんと5,000人程度のユーザーを集めることにより月の売上が8億円も発生するのです。

世界のFX業者が何故、高い広告費を投下して日本人ユーザーを囲い込もうとしているかがわかりましたか?

アメリカのゴールドラッシュの時代、アメリカンドリームを追いかけ若者は金の発掘を行いました。ただ確実に儲けた人達は、アメリカンドリーマーへスコップ】を販売した人達だったと言われています。

FXトレーダーはリスクをとって取引するのですが、業者側はスコップ業者】と非常に似た立場にいますね。

さて、しっかりとユーザーを集めることさえ出来れば、業者は非常に儲かるということは、例示によって理解できたかと思います。儲かる事業というのは、色々な会社が参入してユーザーの奪い合いが必ず起きます。そして実際に世界のFX提供会社の間でも激しいユーザーの奪い合いが起きています。

様々なキャンペーンを行いながらFX業者は、ユーザーを囲っているのですが、ここ最近になって、広告経由でなく口座開設 【外部サイトに飛びますヨ!】を行ってくれたユーザーに関しては、FXの取引を行う毎に少ない金額ですがキャッシュバックされるというサービスが広がってきています。

テレビCM、アフィリエイト等のインターネット広告、様々な広告活動によりユーザーを獲得するのは、競業企業が増えれば増える程、どんどんコストが膨らんできます。広告経由ではなく、コストがかからず口座を開設してくれたユーザーへのみ許された特権として、取引する毎にいくらかお金をキャッシュバックをFX会社が展開してきたのです。

ただ、このキャッシュバックを受けるためには、しっかりと自己申告を行う必要があります。業者が提供するスプレッド部分に関しては、広告経由にて口座開設 【外部サイトに飛びますヨ!】をされた場合は、検索エンジンから口座開設 【外部サイトに飛びますヨ!】された場合に関しても、そしてキャッシュバックを得るために自己申告を行った場合でも変化はない】ので、今後FXの取引を本腰して行うのであれば、キャッシュバックを受けない手はないでしょう。

FX取引で負けた場合も、勝った場合に関しても、必ずキャッシュバック】されるお金があるというのは非常に大きなことです。もらえるお金は拾っていかない人でなければ、FXの取引では生きていくことは難しくもあります。

では、口座開設 【外部サイトに飛びますヨ!】を行う際に、キャッシュバックを受ける申請を行うことによって、どの程度の金額がキャッシュバックされるのかをシュミレーションしてみましょう!

FX取引を行うだけでノーリスクのキャッシュバックを受け取りたい方は、キャッシュバックフォレックスへの無料登録が必要です。